天吹酒造合資会社コンテンツ
天吹酒造合資会社
HOME 天吹 春夏秋冬 酒蔵訪問シミュレーション ♪

天吹 春夏秋冬

酒蔵訪問シミュレーション ♪



いらっしゃいませ 酒蔵案内します。
蔵の建物群、煙突などは国の有形文化財、佐賀県の22世紀に残したい建造物に登録されました。


駐車場に車を止め、坂道を登り事務所がある母屋へ
入口は引き戸、ステンドガラスで創作した天吹の文字、酒林、杉桶などが目に入る。


木製の扉を開けると築100年以上の試飲場、酒蔵へ通じる通路でもある


左に昭和の左甚五郎作 大黒天


左にレジ、右に事務所、焼酎、リキュールの飾り棚、レストルームが見える。wi-fiは無料で使える。女子トイレはなでしこの花、男子は日々草がデザインされている。


左に目を向けると酒関連グッズがあり、囲炉裏の部屋が垣間見える。側にある冷蔵庫には花酵母が醸す日本酒が待っている。


試飲テーブルは蔵の古い梁が使われ、ワイングラスで試飲。500円で3種類撰んで試飲出来ます。見学後試飲がおすすめです。入口のステンドグラスが太陽の光を浴びて美しいです。


北側のガラス扉を開けると仕込み蔵が見えてくる。


石畳みの向こうは樹齢300年はあるけやき大樹、その奥に風神蔵がある。


ケヤキの大樹、樹齢300年程でしょうか。春は新緑、秋は枯葉色、冬は落葉し小枝に変身する。


十数年前、梁と柱を残し再生された酒蔵、宮大工さんから後100年は大丈夫と太鼓判をいただいた。日本建築、古いものを大事に使い後世に残すのも現代に生きる人の勤めでもある。


鏝絵とは日本で発展した漆喰を用いて作られるレリーフのこと、左官職人がこて(左官ごて)で仕上げていくことから名がつきました。
絵柄は風神さま なぜ風神なのか? 銘柄の天吹とは天から吹くと書きます。風神様の風のお力で「天吹おいしいよ」と世の中に広がればと願いが込められています。


冬場酒造り期間中仕込み蔵に入ると芳しい香りが漂ってきます。
足場に登りタンクの中を覗くと酵母さんのささやきがプチプチ聞こえてきます。「旨き酒造ってるぞ〜」と言っているようです。酒造りの話、発酵の音、芳しい香りを感じながらの酒蔵見学です。


階段を登ると2階は大広間、昔、酒造りに使った木樽が並んでいる、正面のひときわ大きい木桶は仕込み樽。ここで音楽会、結婚式も行われたことがある。


夏場 酒造りはお休みです、蔵見学後、これから試飲室でキキ酒。
アベリア、ナデシコ、いちごなどのお花から分離した花酵母、香り、味わいの違いを堪能しましょう。あなたのお好みが発見できるでしょう。
3種類撰んでワイングラスで試飲、500円で楽しめます。

耳学問を多々聞いて、ウンチクを語れるようになりました。

天吹の春夏秋冬です。こちらもご覧下さい。





天吹テレビCM

天吹酒造ネットショッピング 天吹酒造メールマガジン
無料の会員登録をおすすめしております。登録すると天吹酒造情報を提供させていただきます。

  1. パソコン・スマホでお問い合わせをクリックして下さい。
  2. お問い合わせ内容に会員登録希望とご記入し確認ボタンを押して下さい。
  3. 確認画面に変わりますので、そのまま送信してください。
  4. 弊社よりメールが送信されます。当社からの返信メールが受信できるようご自身で設定をお願いします。返信が届かない場合はご登録が完了していません。